レトルト

レトルトのドッグフードのメリット

現在スーパーで販売されているドッグフードは、実に色々な種類ドッグフードが並んでおり、どれを与えるかでも摂取する栄養素が違う場合があるので、パッケージに表記されている栄養素を確認して購入するのをお勧めします。

ドッグフードは成長に合わせてその種類を選択する事ができますが、ドライフードを選択した場合と、レトルトを選択した場合とでもその栄養価に違いが出ます。
レトルトのようなウェットフードの場合のメリットは、水分が食事と一緒に取れるので、水分補給が出来る事や、未開封であれば、長期間の保存が出来る事が挙げられます。

レトルトフードを開封すると、非常に良い香りがするので、犬の食欲が旺盛になります。
また、香りが良くておいしいので、犬の食べる様子がとても楽しくなります。
レトルトフードは、その形状や状態から、かなりおいしいので、与えるたら、与えた分全部食べてしまう犬もいます。
良く食べるからと言って、お腹がいっぱいになるまで与えてしまうと、犬も肥満になってしまうので注意が必要です。
犬も一日に必要な栄養摂取量が決まっていますし、毎日摂取する栄養素の量もありますので、適当に餌を与えるのではなく、必要な栄養素を必要な分与えるようにした方が、犬の健康のために良いのです。
レトルトのドッグフードは、開封し、器に中身を入れて犬に与えますが、内容物が入っていた袋は、そのままごみとして処理できます。
缶詰等とは違い、ごみの量も少なくて済むので、愛犬家からはドライフードと同じように、レトルトフードも大変好評になっています。
現在では、ドライフードの他にもレトルトや缶詰、おやつ用等様々なフードが販売されておりますが、レトルトの物は、価格も安くなっているので、毎日レトルトの物を与える愛犬家も多いです。

犬には、人間と同じような食事をさせてはいけないと言います。
それは、人間と同じ食事にしてしまうと、犬には消化できない栄養素を摂取してしまう事や、犬の糖尿病になってしまい、寿命を短くすると言われているからです。
犬には犬用の食べ物を与え、いつまでも一緒に過ごせるようにしたいものです。