レトルト

農薬検査公開のドッグフード

ドッグフードは、犬の健康を考えて作られている犬用の健康食品と言ってもいいくらい、犬にとって必要な栄養素が豊富に含有しているペットフードで、それを継続して食べる事により、寿命が延びる様な食べ物という意識があります。

しかし、ドッグフードを製造しているメーカーの中には、安全性を考慮せずに、利益だけを考えて、決して健康面で安全なペットフードを製造しているとは言えない物もありますので、注意して選択する必要があります。
犬の健康に悪影響を与えるような粗悪なドッグフードもありますが、一体どのような物でしょう。
近年使用されている原材料に4Dミートと言われている物を使用したフードがあります。
4Dミートとは、死んだ動物の肉、病気や障害を持っていた動物等の肉です。
表記には肉副産物としても書かれている場合がありますが、それらは商品には出来ないような動物の肉などを使用したものになります。

これらの場合、腐敗している可能性があり、犬も臭いでわかると思われますが、そうではなく、食品添加物や香料、農産物や農薬等で臭いは良い香りに変化し、抵抗なく喜んで食べるのです。
ペットフードに使用されている農薬や食品添加物などは、すべてが犬の体に悪影響を与えるものではありません。
しかし、どの様な添加物を使用して、どの様な農薬を使用したのかを明確にしておく必要があるので、パッケージに掛かれている表記は確認しましょう。

これらの安全に対して決められているのが、ペットフード安全法です。
法律では、ペットフードに使用できる農薬の量や添加物の量がしっかりと定められていますし、製品に対して、安全性の検査も受けるようになっています。
検査がしっかりと行われており、その詳細情報が公開されているドッグフードを選択すると、長く与えても良い物なのかわかるので、重要な事と言えます。

ドッグフードは犬の健康を考えて飼い主が与えるものです。
体に有害な物は出来るだけ避け、必要な栄養素を十分に補給でき、健康な体をいつまでも維持してほしいという願いもあります。
購入する際には、表記を確認し、農薬等を明記している物を選択しましょう。