レトルト

ドッグフードで毛並みが変わる?

愛犬の体毛が、色や艶が良く、いい毛並みをしているか気になる方がいますが、健康な犬程毛艶は良いく、体毛も健康的なのです。
愛犬の健康はドッグフードからと言われていますが、体毛の艶などもドッグフードの選択でかなり変わってくるという事が判明しています。

先ず、愛犬の毛並みや毛艶はドッグフードで大きく改善できるというのです。
その理由として有名なのは、犬の皮膚、体毛などを構成している成分や栄養素は、脂質やタンパク質です。
毎日健康的な食生活を送っていると、健康な体を維持できるように、毎日良質のドッグフードを食べていると、良質なタンパク質と脂質を摂取する事が出来ます。
それは、良質なドッグフードで、毛並み等に影響する栄養素が十分含有されているかで違ってきます。
もし、栄養不足などが起きると、毛並みが悪く、毛に艶もなくなってしまうので、健康な犬か否かは毛並みを見ると判別できます。
もし、愛犬家の悩みで、犬の毛艶で悩んでいるようであれば、与える食べ物の種類を変えてみましょう。
与えるドッグフードは、良質なタンパク質と脂質を多く含んだ物にしてあげると、それらの栄養素が体に行き届き、毛並みが変わってきます。
また、犬は雑食ですが、どちらかと言えば肉食に近い動物です。
タンパク質も動物性のものが消化吸収されやすく、小麦やコーン等の植物性よりも良いという事になります。
タンパク質は良質な動物性タンパク質を与えるようにしましょう。
しかし、脂質には注意が必要になりますので気を付けましょう。
脂質は、動物性と植物性の両方のバランスを考えて与える必要があるので、動物性の脂質だけ与えるのは避けましょう。
確かに、犬の毛並みは、食べるものに影響を受けますし、それを改善するには、バランスの取れた食べ物等を選択する必要があるので、しっかりと確認しましょう。

特に注意しなければいけない部分では、動物性の脂質を原材料で使用している食べ物は出来るだけ与えないようにしましょう。
どんな動物の脂質を使用しているか明記されている事が少ないというのが理由です。
そういった事に気を付けて、食べるもので毛並みの改善を行いましょう。