レトルト

ドッグフードはメーカーごとにどう違う?

ドッグフードに含有されている栄養素は、何処も同じと思っている方は結構多くいますが、それは違います。
犬は肉食動物の仲間になり、ドッグフードを作っているほとんどのメーカーは、動物性タンパク質を多く使用しています。

各メーカーで、動物性タンパク質を栄養素として使用しますが、これには理由があります。
犬は植物性タンパク質を上手に消化吸収できない為です。
その為、メーカーは動物性タンパク質を多く含有している栄養素をドッグフードに使用しています。
犬に必要な栄養素の中には、人間と同じようにアミノ酸があります。
それも必須アミノ酸であり、それも沢山の必須アミノ酸が必要になります。
犬が必要な必須アミノ酸は、動物性タンパク質から摂取出来る為、ドッグフードメーカーは沢山の動物性タンパク質を含有させるのです。
メーカーによっては、穀物を主な原材料として使用しており、動物性の物が少ない場合があります。
また、一般的なドッグフードの場合は、それだけを与えているだけでは一部の栄養素を摂取出来ない可能性があり、栄養バランスが崩れてしまう可能性があります。
そういった事にならないようにするため、ドッグフードの表記では、総合栄養食と記されている物を選択すると良いのです。
簡単に言えば、総合栄養食と明記されているものと、水を与えるだけで、犬の飼育は可能になるという事なのです。
販売されている物の表記を確認し、摂取出来る栄養素が何かをしっかりと確認し、愛犬に与える事が重要なのです。
犬に必要な栄養素で代表的なのは、良質なタンパク質と炭水化物、脂質とビタミンです。
この中で特に重要なのは、タンパク質と脂質になります。
これらの栄養素を中心に、バランスよく摂取させることが特に大事であり、犬の健康を左右する栄養素であることは間違いありません。

メーカーでの違いは、犬に必要な栄養素をどの原材料を使用して、含有させているのかや、原材料に使用している脂質やタンパク質がどの程度含まれているか、含有している栄養素にはかなりに違いがあるものも存在しているので、表記されている物をしっかりと確認して購入しましょう。