レトルト

ドッグフードのローテーションは必要?

ドッグフードのローテーションというのは、犬の成長や、与える栄養素の兼ね合いで、ドッグフードを変更する意味です。
しかし、勘違いされるのは、短期間で次々と色々なフードに変えていくのではないという事で、ローテーションの意味をしっかりと確認しておく必要があります。

意味のないローテーションをしてしまうと、ローテーションをしているという意味が無くなってしまいます。
ドッグフードのローテーションは、単に与えるフードを適当な他のものに変えて与えるのではなく、犬の成長や、体質に合う物で、違う種類の物に変更し、体調を崩さないようにして違った形で必要な栄養素を与えるという意味です。
毎日同じフードを与えるのは、必要な栄養素を十分摂取出来るようにしているので、いいのですが、毎回同じ場合、栄養素が偏ってしまう可能性も否定できません。
その為、飼い主によっては、定期的に与えるドッグフードを変更し、栄養素をバランスよく与えるという考えで、フードのローテーションを行う方がいます。

与えるフードのローテーションを行うメリットは、同じフードを与えていれば栄養素は確保できているので、栄養不足にはなりませんが、毎日同じなので、消化吸収の効率差により、栄養素の偏りが出てきます。
また、主原料の違う物から同じ栄養素を摂取する事により、特定の食物アレルギーになるのを防ぐ効果もあります。
人間と同じように、毎日同じ物を食べていると、飽きてしまう事もありますが、ローテーションを行う事により、飽きが来ないようにし、毎回食欲旺盛の状態でフードを食べる事になります。
その為、ローテーションを行うと、違った栄養素も豊富に摂取出来るようになるので、犬の健康面に効果を発揮します。
しかし、注意しなければならないのは、ローテーションでフードを入れ替える場合、犬の体に合ったフードを選択しなければならないので、試しに少量ずつ与えて様子を見ましょう。

ローテーションは必要なのか、必要ないかは飼い主の考え方によりますが、
栄養素の方よりを防ぐには効果を発揮しますので、もしローテーションを行う際には、栄養バランスを考えたドッグフードでローテーションを行いましょう。
それが犬の健康につながると嬉しいですね。