レトルト

便からドッグフードを見極める

現在市販さているドッグフードは、飼い主が厳しい目で品質を比較する事もあり、メーカーでも改良を重ねており、市場には高品質の物が沢山あります。
日本では、動物に与える食品を規制する法律はありませんが、基準を定めている物はあります。

しかし、その基準に適合している物か検査する機関はメーカーにある為、ドッグフードの安全性については判断しかねます。
飼い主が、ドッグフードが安全かを決めて購入する場合は、表記されている原材料で判断するしかないのですが、原材料で品質が高い物を選択したとしても、犬の体に適合していない場合もあります。
適合していると、健康な体を維持しますが、内容物が体に合わないと、体が反応します。
犬も具合が悪くなると体調不良を起こします。
そんな時にしっかりと確認したいのが、犬の便です。
健康な時にはしっかりとした便を排泄し、色も良く健康的な排泄をしますが、体調を崩すと、排泄物に変化が起きます。
このことから、犬の健康、食欲の状態を見ると、ドッグフードを見極める事が可能になります。
実際に観察してみると、正に健康で、ドッグフードを食べる時には、食欲旺盛で、排泄物もコロコロしており、臭いもそれほどきつい物ではなく、自然な便をします。
しかし、ドッグフードが体に合っていないと、便が柔らかく、臭いもきつくなります。
この様な時は、明記されている栄養素や、原材料などを確認し何が原因なのかを突き止めましょう。
また、体調を崩してしまった場合は、ドッグフードを変更してみると改善出来ますので、体調を崩さない様な物を見つけ出す事が必要になります。
犬の健康状態を観察するのは、飼い主にとっては大変重要な事で、生活を共にしている以上、犬の健康状態を把握することは必要な事です。

この様に、与えるドッグフードが犬の健康を左右し、与えている物が、犬の体質に適合しているのか判断するのも、排泄物からわかります。
便を観察し、健康管理をしっかりと行い、いつまでも健康な体で長生きしてもらいましょう。